歯磨きで歯医者に褒められる歯を目指そう!

手鏡で自分の歯を見る女性

虫歯予防のためには定期的に歯科医院に行って歯垢を除去してもらうと効果的ですが、この場合でも普段の生活において虫歯予防になるような歯磨きを行うことが大切です。
歯磨きを行う場合、虫歯予防のためには自分の歯に合った歯ブラシを用いて、隅々までしっかりと磨くようにする必要があります。
ただ、それだけでは十分に手入れが行われて医師に褒められるような歯にすることは難しいので、効果的な歯磨きにするためには歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯科用品を利用してみると良いでしょう。

歯間ブラシは、普通の歯ブラシだけでは届きにくいような奥歯や、歯と歯茎の間などもしっかりと磨くことが可能です。
また、デンタルフロスはこれを歯と歯の間に入れてゆっくりと前後に動かすことで、歯についたものをとりやすくなります。
この他で効果があると考えられるのは、タフトブラシです。
タフトブラシは先が細いので歯の奥まで届くことが可能であり、これを使うことで十分な歯磨きが期待できます。

さらに、歯医者からも褒められるような歯をセルフケアとして目指す場合には、キシリトールを使ったガムなどの食品やフッ素入りの歯磨きなどを利用してみると虫歯予防に役立つと考えられます。
キシリトールは虫歯の発生を防ぐと言われる甘味料であり、フッ素は歯の質を高めたり酸の合成を抑えるので、塗布の形で使われることもあります。
また、歯肉マッサージは、これを行うことでアンチエイジングや血流改善などの効果も出やすくなるので、これによって歯を含めた全身の健康にプラスになる可能性が高いと言うことができます。

以上のように、セルフケアとして歯磨きを行い、歯医者にもその健康的な状態が褒められるような歯にするためには、歯ブラシや歯磨きに関する商品をよくチェックして、その効果を確かめるようにすることが大切です。
特に歯ブラシはほぼ毎日使うはずのものなので、最初に歯ブラシを選ぶ場合は歯医者に行って長さや毛先などに関して、自分の歯に良く合っていると思われるようなものを選んでもらうようにすると良いでしょう。
さらに歯ブラシの場合は長く使うと機能が低下する可能性があるので、そうならないためには1ヵ月に1度の定期交換をお勧めします。

また、歯磨きの方法に関しても、歯ブラシを最初に使うときは歯科医院に行って正しい歯磨きの仕方を教えてもらうようにすると、その後のセルフケアに役立つはずです。
そして、このようにして十分に手入れをした歯ならば、歯科医院でも褒められる可能性は高いと言えるでしょう。